HOME>イチオシ情報>バリア機能を正常化させて潤いに満たした素肌に導くには、潤い重視の成分配合を選ぶのが正解

保湿効果の高い基礎化粧品を選ぶのが大切

基礎化粧品

たっぷりの水分と潤いに皮脂の油分がバランスよくあってこその潤い肌、でもどちらか一方でも不足をしてしまうと、ゆらいだり乾いた肌になったりします。乾燥肌の基本的な対策は化粧品で潤いを満タンにしてあげることです。日々のスキンケアが間違えていると肌乾燥は激しくなりますし、紫外線や生活習慣の乱れでも乾燥をしますが、まずは皮脂と水分を十分にチャージする基礎化粧品を使うお手入れが大切な改善策になります。乾燥したままを放置すると、赤みが出たりヒリヒリ感を感じたりすることもあるので、乾燥肌撃退のために役立つ保湿力のある化粧品を使うのがポイントです。基礎化粧品にはあらゆる成分が含まれていますが、保湿重視の化粧品を選ぶようにします。

デリケートなお肌を考えての成分選び

顔に触れる女性

健やかな肌に導くために乾燥肌の対策で使うべきなのは、十分な保湿成分を含む化粧品です。セラミドをはじめヒアルロン酸の保湿効果の高さはお墨付き、アミノ酸や近年話題のスクワランもこう保湿をサポートしてくれる成分です。1つだけではなくこう保湿成分を、いくつか含む化粧品を選ぶのも効果が期待できます。乾燥肌は敏感肌と似ている部分があるので、刺激の強い成分は控えたほうが無難です。たっぷりのアルコールが入りだと、かゆみやヒリヒリ感を感じるかもしれないため要注意です。

化粧水と油分を含む化粧品を使う重要性

女性

水分だけではなく乾燥肌の対策に化粧品を使う時には、化粧品のみではなく乳液や保湿クリームを使う事も重要です。水分補給のために化粧水を使うのはわかりますが、クリームはなぜ必要か疑問かもしれません。乳液やクリームは水分蒸発を防ぐため、また美容成分も浸透するので、化粧水も乳液やクリームも両方使います。その方が乾燥肌改善にもつながるため、使って損はありません。メリットははやり肌の潤いが断然違うこと、健やかな素肌に導いてくれます。

広告募集中