HOME>特集>素肌を潤いで満たす成分配合を選びたっぷり使うのがコツ

目次

思い切り使える基礎化粧品で十分な保湿ケア

潤い満タンな素肌とは一線を引くのも乾燥肌、改善のための対策として基礎化粧品を使ってのスキンケアを重視するのは良い考えです。乾燥肌撃退のための基礎化粧品の選び方として、高級ブランドの価格も高い商品を選ぶのも良いですが、ドラッグストアやコスメショップで市販されるリーズナブルな商品でも構いません。理由はお財布にも優しい価格設定の基礎化粧品の方が、肌のお手入れをする際に惜しみなく使うことができるためです。国内外の女性を魅了するほどのハイブランドの化粧品は魅力ですが、値段が高いと思うとどうしても思い切り使えません。でも乾燥肌対策に必要なのは、基礎化粧品を使うたっぷりの保湿ケア、だからリーズナブルでたっぷり使える基礎化粧品を選ぶのが良いわけです。

水分よりも油分多めのクリームがマスト

何を選ぶべきかの基準を乾燥肌対策で考えたとき、基礎化粧品は潤いを高める成分を配合している化粧品を選ぶのが正解です。特に保湿重視で選ぶなら、ヒアルロン酸やエラスチンにコラーゲンなどは心強い味方に、美白成分よりも保湿成分重視で基礎化粧品をすると、スキンケアの効果も高まります。シンプルなスキンケアの王道は化粧水に乳液ですが、乾燥肌を改善するために使うなら、乳液よりも保湿クリームです。どちらも水分の蒸発を防止する役割もありますが、乳液は水分が多めなため軽いつけ心地で、カバー力も軽めになります。一方でクリームは油分がほとんど、乾燥肌改善対策にはもってこいということです。

広告募集中